一般社団法人日本子育て心理カウンセラー協会 公式サイト

jcca.png

トップイメージ4.jpg

協会概要.png
カウンセラーについて4.png
講演相談2.jpg

看板-1.ai
新入試2.jpg

早稲田子育て相談室
プレミアム-2.jpg



2020年9月
ユニセフ(unicef 国際児童基金
で日本の子どもたちの特徴が発表された。

・調査対象国38か国中
・身体的健康度 1位 日本
・精神的健康度 37位
・生きる力になるスキル 27位
(調査対象年齢5~19歳)

ポイント
身体的健康は食事・栄養・衛生・医療環境が良好であることを示している。
精神的健康度の基準は、楽しくない。希望がない。嫌なことばかり。疲れる。
など、意欲や好奇心がわかず、希望や自信が脆弱な日本の子どもたちの姿を暗示している。
生きる力になるものとして思考力や人間関係力・社会性などが該当するが、これらの順位も下位に属している。
このような調査結果から


日本の子どもたちは、子どもらしく、元気に、明るく、意欲や好奇心に満ちた日々を過ごしていない姿が浮かぶ

子どもは勉強するものだ、という大人の概念がこのような状態を形成したのだ。
多くの親は、「勉強・学習」すれば立派な社会人になれると思っている。
だが日本における学校での勉強や学習は、上の学校への評価基準となる受験力を高めるものが大半である。
健やかな心、くじけない心、誰とでも仲良くなれるスキル、楽しく、明るく元気な心の形成はできないのである。

入試のための勉強や授業中心の生活が、子どもの生きる力を育てていないことを知っていただきたいものだ。

最後に、子育てには大切な目的が2つある。
1つは、健やかに生きる自立力を概ね18年かけて備えさせること。
もう1つは、その子らしく、その子なりの幸せな人生を歩む力を備えさせてあげることだ。
現在の入試の為の記憶力や暗記力、計算力や読解力だけを高める学習中心の子そだてでは、どちらの力も不足する。
さらにいえば「生きる力」さえ不足する。
こうして問題やトラブルに直面し苦悩する多くの親が相談にきていることを知ってほしいものだ。

今回のユニセフの調査結果を見て感じたことを書いてみた。



中山ふぉと2.jpg
協会代表 中山 天






Skypeによるオンライン相談が激増

・最多が思春期の子の相談
・次位が小学生の子の相談

相談の概要
コロナ対策で在宅になった子どもと長時間暮らすのは、親にとってはかなり
大変なストレスになります。またお子さんも親の目が近くにある家庭と、友人やクラスメイトとの自由な会話ができる学校生活ではストレスの質量が異なります。
親子ともにストレスを抱え、蓄積して暮らすのですから様々な負の現象が現れることになります。
最も多いのが反抗的な言動や乱暴な言動。次に器物破損や物を投げたりする暴力う。そして親への暴行などになります。
こうなると、もう親の言うことを聞かなくなり、弊会へ相談なさるパターンが最も多いようです。

・思春期の子が反抗的になり、乱暴になり、器物破損や暴力を振るうようになるのは原因があります。
その原因を突き止めれば、ほとんどの負の現象は軽減するか解消します。
思春期のお子様や6~9歳のお子様のことでお悩みでしたらぜひ、早めにご相談ください。


弊会の相談室は、トラブルの軽減率90%以上、解消率70%以上の確率で喜ばれています。
お子さま、そして家族の皆様が笑顔で日々を過ごされますようにアドバイスさせていただきます。
ご相談のお電話お待ちしています。
                                     副代表 森 流音

森フォト.jpg





忘れてならない子育ての本当の意味や目的

子育ての本来の目的は、一流大学に入学させることではありません。
子どもが社会人になって、その後の70~80年間を健やかに、
そして幸せな人生を歩める若者に育てることです。
AI(人口知能)が、現在の人間の仕事の50%以上を行う時代が10~15年後にやってきます。
その近未来社会で求められるのは健やかな心や人間性・個性・能力・進化力です。


これらの知能や能力、個性を備えさせることはそれほど難しくありません。
現在子育て中なら、後悔しないために学んでおくことです。
(「養成講座」で詳細に学べます)

中山ふぉと2.jpg
協会代表 中山 天
森フォト.jpg
協会副代表 森 流音
丹羽ふぉと.jpg
子育て心理研究室
室長 丹羽 雅之









本会の特徴は、東大卒で超エリート職、一流企業に勤務する現職の母親たち。現役の女医や教師、保健師など専門職の方の相談や受講がとても多いことです。そして年々増えていることです

(エリート職や専門職の方の受講や相談が多いのには明確な理由がありますが、ここでは省略します)



受講された皆さんは必ず同じことを言われます。
「こんな体系的知識が知りたかった」
「もっと早く知りたかった」
「うちの子は大丈夫でしょうか?」 「まだ間に合いますか…」

また相談に来られた母親たちからは
「迷ったけど来てよかった」 「もっと早く来ればよかった」
「子どもが変わりました…」
「今度、子どもを連れて来ていいでしょうか…」
などのお声をいただいています。

相談室で最も多い質問が
「母親の愛情って何ですか?」 「母親の優しさって何です?」
「心を育てるってどうすればいいのですか?」
「新基準の受験力を高めるには何をすればいいのですか?」
などです。


どんなに深刻な状態であっても、子どもの学力を高め、生きる力を高め、親子の絆を必ず再構築できます。
そして何よりも「その子に備わっている個性や潜在能力を見つけ、
輝かせる知恵と英知を知ってほしい」と思います。
勇気をだしてお問合せ下さい。


高橋02 (2).JPG
上級カウンセラー
認定講師
高橋 明子





AN194_L.jpg


適切な子育ての最も基本的なテーマ


子どもが0~3歳のお母さんがやるべきこと。
・健やかな心、精神の基盤をつくってください。
・笑顔、良質な言葉かけ、スキンシップを十分に行う。
(その意味や理由の解説は省略)



子どもが4~6歳のお母さんがやるべきこと。
・親子の絆をつくってください。
・生きる力を与えてください。
・自由と躾の両立
(その意味や理由の解説は省略)
※この時期からリアクタンス現象が現れ始める。
※4~6歳期には、この他に3つのテーマがあります。


子どもが7~9歳のお母さんがやるべきこと。
・親子の会話をたっぷり行ってください。
・思考力、判断力を高めてください。
(その意味や理由の解説は省略)
※この時期4つのテーマがあります。
どれも重要なので必ず講座などで学んでください。



子どもが10~12歳のお母さんがやるべきこと
・自助力、自制力、努力し続ける力を与えてください。
・燃え尽き症候群にしないでください。
(その意味や理由の解説は省略)
※10~12歳期には、この他に3つのテーマがあります。
どれも重要なので必ず学んでください)



子どもが13~15歳のお母さんがやるべきこと
・子どもが生きている意味や理由を教えてください。
・自我を獲得させてください。
(その意味や理由の解説は省略)
※13~15歳期には、この他に思春期現象など5つのテーマがあります。
(どれも重要なので必ず学んでください)。
※学力や受験力は0~12歳までの育て方で大差がついています。
この時期、無理強いしても有害なことばかりです。
でも一つだけ方法があります。その方法を学ぶことです。



最低限知ってほしいことだけを書きました。
大変化する社会の中で、わが子を健やかに成長させたければ、
幸せな人生を歩む人間力を備えさせたければ、
上記のことを実施していただければと思います。
上記のテーマを行うのに、お金も、時間も、特殊な対応もいりません。
母親がほんの少しだけ、何かをするだけなのですから…。



本会では
かけがえのないわが子を、AIが普及する新時代に求められ、必要とされ、
幸せに生きる力や能力を備えた若者に育てる知識とスキルが学べます。
わが子が輝く進路を、人生を歩める力と能力の備えさせかたが学べます。
わが子に対する不安や心配、迷いを解消します。
現在、様々な問題やトラブルを抱えておられるなら、その大半を軽減・解消することができます
わが子を医者などの後継者にしたいという使命があるなら、その責務を叶えることが可能です。
子どものこと、子育てのこと、受験力、困っていることや悩んでいるなどがあれば、ぜひ資料を請求して下さい。
必ずお役にたつはずです。

AN055_L.jpg

真面目で熱心な母親ほど、
子育てで悩みやすく、苦しまれるケースが多い。

数多くの相談で驚くのは真面目で熱心で、善良な母親ほど、子育てで悩んだり、苦しみやすいということです。
そしてわが子の脳をゆがめ、狂わせているケースが目につくことです。
自分は間違っていない、愛情もあるし、学歴もある。
それに真面目で努力家で、悪いことは何一つしていない。
自分は良き人間であり、良き母親であり、立派な社会人という方が多い。


子育てで大切なのは「子どもの脳・脳機能にあわせた育て方」です。
それらの知識をどれだけ知っているかです。
残念ながら多くの親は、そのことを知らないし、気にしていません。
その最も初歩的な知識の有無の1例が「育児と子育ての違い」です。
育児と子育ての違いを知らないと「適切な子育て」はできません。


真面目さや熱心さ、愛情や親心は「逆効果」になりやすい
知識が不足していると、育て方が偏ったり、間違えたしりやすいものです。
親の強い愛情や真面目さ、熱心さや親心が、「深刻なほどの逆効果」をうみだしています。
そして「何で…、どうして…」などという不安や悩みで苦しまれるケースを数多く見てきました。
共通するのは「致命的なほどの子育ての知識不足」なのです。

AN181_L.jpg


面目で努力家、熱心で愛情がある母親の親心を、最強の武器に変える知識を備えてください。

AIがますます進化し普及する新時代へ適応する大人に育てることが求められる時代になりました。
これまでの暗記力や記憶力、計算力向上中心の子育てでは追いつけない時代になったのです。

そのような新時代に親として不可欠な知識と、様々な不安や迷い、問題やトラブルの解決法まで学ぶことができる「子育て心理カウンセラー養成講座」を主催しています。
お気軽にお問い合わせ下さい


ご注意ください!!
現在、子育て心理カウンセラー・子育て心理などと自称して活動しているケースが増えています。子育てに関する相談や学習を検討されている方は、まずは本会に直接お問い合わせいただくか、本会認定者の証明書類をご確認ください。
また、資格取得認定校は当会ホームページにてご確認いただけます。

「JCCA子育て心理」「子育て心理カウンセラー」は当協会 代表理事の中山 天が2009年に発表したテキストをベースにした表現で、当協会が更新・運営する理論および資格の名称となります。

お電話.jpg